5月12日(土曜日) 前日 翌日
出演バンド
Franck selection vol. 64 Noriko Suemoto Tokyo Debut Live   Saturday Afternoon Live
メンバー
末元紀子(vo) 柳原由佳(p) 入山ひとみ(vln)
ジャンル
Jazz
プロフィール
末元紀子
岡山県美作市出身。
心地よい歌声と、ジャズスタンダードをはじめ、さまざまなレパートリーが好評。
幼少よりクラシックピアノ、学生時代にはサックス、また和太鼓など、多様な楽器経験を通じて、音楽に親しむ。
2008年ごろからジャズに出会い、歌いはじめるうちに、どっぶりと浸かる。
ジャズをピアニスト木畑晴哉氏に師事。
クラシックのボイストレーナーより、発声を学ぶ。
さまざまなミュージシャンとの共演をかさね、神戸や大阪を中心に、幅広くライブやイベントなどで演奏している。
2018年、ピアニスト大石学氏とCD『 Love you madly 』をリリース。好評を博す。
好きな歌手は、カーメンマクレエ、サラヴォーン、シャーリーホーン、ニーナシモン、他多数。
柳原由佳
大阪市出身。
4歳からエレクトーン、8歳からクラシックピアノ、ドラムを始める。
甲陽音楽大学へ入学し、濱村昌子氏、竹下清志氏に師事。
2006年5月 バークリー音楽大学に入学し、Halcrook、Greg Hopkins、Scott Free、Joanna Brackeen等に師事、2008年5月同大学をJazzComposition科を卒業。
宮崎友紀子(Vo)とユニット『 ふたつゆ 』を結成しコロンビアレコード、T&Kエンタテインメントから2枚、又ディスクユニオンより1枚のアルバムをリリース。
2013年3月、New Yorkにて自身のピアノトリオにてライブを、またPensilvaniaにてレコーディングを行い、2014年1月自身の1枚目となるリーダーアルバム『 Remember My Places 』をリリース。
その他 ジャンルを問わず様々なグループでのライヴやレコーディングにも勢力的に参加。
関西、関東を中心に活動し、作曲や編曲の提供、後進の指導も行っている。
2016年4月 新ユニットによるアルバム『 WhitePark 』をリリース。
2016年11月、ギタリスト筒井裕之とのデュオアルバム『GUITER×PIANO』をリリース。
2018年、ソロアルバム『 PIANO SOLO 1 』リリース。
関西、関東を中心に活動中。
入山ひとみ
4歳頃よりピアノを始め、小学校高学年よりバイオリンに転向、高校まで鈴木メソード宮島克実氏に師事。音楽理論等を、高岡正人(pf)氏、池田篤(alt)氏に師事。大学時代、軽音楽部JAZZ系入部時にRoland KirkやDuke Ellightonの影響を受ける。大学卒業後、関西圏を中心に活動した後、拠点を東京へ移す。
現在、Jazzをライフワークとし、数々のイベント・TVドラマ・CM・音楽番組等でのアーティストサポート等をしつつ、自己のグループ等で一流ジャズミュージシャンとの共演を重ねている。
同時にバイオリン奏法やJazzに関するレッスンや、作曲・編曲家としても活動。
その他では、テーマパークでのエンターショーやCMに参加し、ショー用の楽曲アレンジも担当してきた。
最近では自己のバイオリンソロや弦楽カルテットのアレンジ・演奏も手掛けたり、アコーディオンとのアンサンブル用楽曲提供も行ってきた。また、箏や琵琶などの和楽器とのコラボグループにも度々参加。
JAZZで得た即興性を活かし、書家・お経・詩の朗読・パントマイム等、異業種とのコラボにも多数参加している。
2013年よりプログレッシブロックバンド【STELLA LEE JONES】で5弦エレクトリックviolinを演奏。
2015年8月、自己の弦楽四重奏版【Hitomi Iriyama Strings Q.】にてアルバム『 Ad Lib on NIPPON 』をWhisperレーベルより発表。この頃より、京都のピアニスト上村美智子と不定期で『ためにならないJAZZ講座』を企画。
2016年10月【STELLA LEE JONES】名義で2nd Albumに参加。
2017年 異業種コラボユニット【四ツ山フェフティンガー】を立ち上げ、コント等の背景音楽を提供し、参加した。
2018年 弦楽四重奏版にて、自身で書き上げた組曲を中心とした2nd Album『 Mountain Panic Suite 』発表予定。
チャージ
¥3,600
演奏時間
第1ステージ: 14:00~15:00
第2ステージ: 15:30~16:30