12月8日(日曜日) 前日 翌日
出演バンド
矢野眞道
メンバー
矢野眞道(vo) 魚返明未(p) 高橋陸(b) 西村匠平(ds)
ジャンル
Jazz
プロフィール
矢野眞道
1964年10月12日 広島県尾道市に生まれる
上京後(1986年)ミュージックカレッジメーザーハウス入学、伊藤君子氏に師事し、 ジャズヴォーカルを学ぶ傍ら 都内のライブハウスでソウルシンガーとして活躍
1987年度 UCCジャズボーカル新人コンテスト年間最優秀賞に選ばれる1988年春 初渡米、ニューヨークのクラブやライブハウスで本場のジャズに刺激をうける
1990年秋、後藤芳子氏にジャズ・ボーカルを師事 :: 後藤芳子氏の指導、支援のもと、東京や横浜のライブハウスを中心にソロ活動を再開、 同時にジャズグループ「ReBops」、寺下誠氏率いるジャズコーラスグループ「Great Harvest」やコーラスグループ「Breeze」のメンバーとして活躍、数々のライブ、ツアーを行う
1992年春から、1993年3月まで、国立音楽院のヴォイストレーナーとして就任
1993年夏よりアメリカ留学
1995年秋より1998年春までワシュテナウ地域大学にて ::
 シアター・パフォーマンスをロン・フラッカー氏に、ボイス・パフォーマンスをアナ・カラハン氏に、ジャズ・ヒストリー、セオリー、インプロビゼーションをマイケル・ネイラー氏に学ぶ
2000年暮れにイースタンミシガン州立大学を心理学と社会学のダブル専攻、 主席で卒業をするまでの間 ::
 地元デトロイトのライブハウスにゲストヴォーカリストとして数々出演
 デトロイトジャズ祭にカレッジオーケストラと共に出演
 韓国ソウルでケーブルテレビ開通記念コンサートにインターナショナルゲスト として呼ばれ、注目を浴びる
 夏季には帰国、関東を中心に数多くのライブを行い、好評を得る
 日本ジャズヴォーカルの祭典、「ジャズろう会」に多々出演
2001年秋に帰国後 関西は神戸や和歌山、関東は東京、横浜などでライブ活動を再開
2003年、6月は日本ジャズヴォーカルの祭典、「ジャズろう会」に、10月は“阿佐ヶ谷ジャズストリート”に出演、12月にはじめて「外人記者クラブ」でのライブ
2004年から毎年、阿佐ヶ谷ジャズストリート、大阪高槻ジャズ・ストリート、神戸・岡本商店街サマー・フェスティバル、門真・守口ジャズ際など 各地のイベントに出演
2005年春、師匠 後藤芳子氏の指導の下で個性豊かな3人の声と音楽性を活かすため新しいヴォーカル・ユニット ≪ a・i ≫ が結成され、極上の『歌』『ジャズ』『音楽』を 目指す3人 - 石川 真奈美・矢野 眞道・中村 早智 - は積極的に 東京、埼玉、横浜などのライブ活動中
2011年5月 ファーストアルバム: 「Like a Lover」発売
矢野はライブ活動以外にも 英語力をいかして 個人でも、又、尚美学院大学の非常勤講師としても HMVP大手町スタジオでも 後進の教育に力を注いでいる
西村匠平
1987年群馬県出身。親の影響をうけ12歳の時にギターを始める。
16歳でドラムに転向。高校生の時からオリジナルロックバンドを組み、県内や都内のライブハウスに出演。
ラジオ高崎no-subjectでパーソナリティもつとめた。その後、尚美学園大学に入学し、ジャズドラムを木村由紀夫氏に師事。
在学中から都内のジャズハウスなどで活動。
卒業後、鈴木勲omasoundの東西日本ツアーに参加、駒野逸美カルテットにて浅草ジャズコンテストグランプリ受賞。
自己のバンド.Push(ドットプッシュ)は2019年に2ndアルバムをリリース。上野ジャズイン、モントルージャズフェスなどに出演し、キャッチーかつ白熱の盛り上がりを見せるライブは各地で好評を得ている。
これまでの主な共演アーティスト
KOKIA、ものんくる、Soffet、高垣彩陽、上野まな、鈴木勲、中村誠一、Ema、金澤英明、浅利文花、井上銘 、田中菜緒子 and more...
魚返明未
1991年東京都生まれ。4歳からピアノを始める。高校入学の際にモダンジャズ研究部に入部し、ジャズピアノに転向。
2015年7月、ミニアルバム「Steep Slope」をタワーレコード限定リリース。
2016年8月、ファゴット奏者岡崎耕治氏のアルバムにて自作曲「二つの小品」を発表。
2017年3月に東京芸術大学音楽学部作曲科を卒業。
2018年10月、初のフルアルバム「はしごを抱きしめる」をリリース。好評発売中。
2018年10月公開の映画「栞」(監督:榊原有佑)の音楽を担当。
現在、魚返明未トリオ(楠井五月b石若駿ds)、井上銘gtグループ、.push(ドットプッシュ)など様々なバンドでライブ活動を展開している。
これまでにクラシックピアノを佐藤恵美氏、作曲を山口博史、森垣桂一、鈴木輝昭各氏に師事。
高橋陸
1996年生まれ 千葉県東金市出身
12歳 吹奏楽でコントラバス、エレクトリックベースを始める。吹奏楽を田中淳一郎氏、コントラバスを内山和重氏に師事。激戦区において全国大会をはじめ数々のコンテストで入賞を果たす。平行して幼少時に焼肉屋のBGMで聴いたジャズに興味を持ちCharlie Hadenの直系Jiro Plutschow氏に師事。フルスカラシップ吹奏楽部特待生として高等学校に進学。
15歳 井上陽介氏に師事。程無く吹奏楽と並行しライブシーンでプロのベーシストとしてのキャリアをスタート。地元と都内を頻繁に行き来するようになる。
16歳 都内の超有名ライブハウスでセッションホストに抜擢され、第一線で活躍するミュージシャンと共演を重ね様々な影響を受ける。また、音楽大学にも度々出入りし演奏補助やセッションホストなどを務める。
17歳 18歳以下の全国規模のコンテストU-18Jazz Player Meetingでソリスト優秀賞を受賞。記念レコーディングではアコースティックベース、エレクトリックベース両方で選抜される。
18歳 バークリー音楽大学 北海道グルーブキャンプに参加。タイガー大越、Lincoln Goines氏の指導を受ける。バークリーアワードを受賞し米国ボストンのバークリー音楽大学へのフルスカラシップ留学の推薦を受ける。
その後、バークリー音楽大学Summer Performance Program2014にフルスカラシップ奨学生として留学。同時に現地オーディションに於いて大学フルタイムのフルスカラシップ(全額奨学金)を受賞。
2017年には韓国で開催された国際ミュージックフェスティバルに出演、2018年にはNY修行中気鋭のKelly GreenやレジェンドJohnny O’Nealの目にとまりJohnny O’Neal Trioの一員としてNYの最先端の舞台に立つなど活動の場を海外にも広げている。
また、スタジオミュージシャンとして日本を代表する作編曲家の依頼によるメジャーTVCM、TVドラマ劇伴、CD等様々な音楽制作に携わっている。
チャージ
¥2,500
演奏時間
第1ステージ: 19:00~20:00
第2ステージ: 20:40~21:40